興味深いパラダイムに対する考えを積み重ねる場にしたいです.


by patyakatya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

複雑な世界,遠近感のある世界

この間チャイティンの「知の限界」を読んでいたときに(きちんと理解できていないんですが),ふと,「ランダムさ」あるいは「複雑さ」というパラダイムは,「遠近」というパラダイムに対比して捉えれば良いのではないだろうかと感じました.

例えばお勉強という行為を「遠近」というパラダイムを用いてモデル化すると,

#Aを理解する→Aを踏まえてBを理解する→Bを踏まえてCを理解する

という形になるような気がする.地道に先に進んでいくというモデル.
対して「複雑さ」というパラダイムを用いてモデル化されたお勉強という行為は,

#Cについて書かれた文章を,運任せで探し続ける

という形になる.単純だけど大切なのは,運あるいは偶然という要素を考慮しているという点だ.google検索なんかは,この偶然という要素を可能な限り軽減させるから嬉しいわけである.

1.大学における「学際的な学部」と「伝統的な学部」の役割分担は,それぞれ「複雑な世界(答えに到達するには運が必要になる世界)」に対処する学部と,「遠い所に答えがある世界(答えに到達するには時間が必要になる世界)」に対処する学部という風に考えられるかもしれない.

2.ボルヘスの「アル・ムターシムを求めて」は「遠近」っていう考え方を表現した物語だったわけだけど,この「複雑さ」という考え方をラディカルに表現した文章も,多分絶対面白いに違いない.
[PR]
by patyakatya | 2005-08-15 12:26 | 複雑さ,あるいは情報理論